黒にんにくの驚くべき効果効能とは?

黒にんにくの効果効能はこんなにすごい!



 

 

>>健康生活をサポート。黒にんにくパワー!<<

 

たべやすいですね。これおいしいですよ。食べてにんにくって感じがしないです。
自分では感じるんですけれども元気が出るっていうのかな回復が早いって思ってます。
青森県産黒にんにくは上質な県産にんにくを独自の方法で熟成させ誕生します。ドライフルーツの
ような感覚で食すことができ、生のにんにくのように口臭が気になりません。その黒にんにくのすばらしさをこれからご紹介します。青森県は全国有数のにんにく生産量を誇るにんにく大国です。その良質なにんにくを高温多湿の環境で丹念に熟成させ作られるのが、青森県産黒にんにくです。黒にんにくは生のにんにくとは違い、独特のにおいや辛味はありません。熟成により甘みがありドライフルーツのような感覚で食べることができます。この黒にんにくが今大変注目を集めているのです。
それは健康的な体を作ると共に、最新の研究で様々な効果が発見されたからです。この効果についてもと弘前大学医学部の佐々木博士は次のように話しています。
『こういう仕事をする場合には、科学的な成分を分析するというのがまず大事ですね。それを分析の結果、生にんにくにはない良い成分、代表的なS-アリルシステインという成分が大量にできている,ということが一つ。そういう有効成分ができまして、その作用が非常に生体にとっていい作用、一つは抗酸化活性が非常に強い。つまり抗酸化活性というのは、DNAに傷をつけるような作用があります。けれども、その傷をつける活性酸素を抑る作用ですね。それが非常に強い。それから動物レベルの実験ですけれども、これもかなり私たちは関心があるところですけれどもマウスのがんが非常に反応しまして、そしてこの50%のマウスのがんが治る。そして治らないマウスの場合の癌が治療しないグループと比べて半分になるという活性が確かめられたわけです。つまり、もう少し具体的に言いますと、NK活性ですね、ナチュラルキラーという、これは癌を殺す細胞ですが、それが相当上がっている、活性が強くなっている。それから、免疫系の細胞が活性化しますと“サイトカイン”という分泌成分があるのですけれども、それも何個か調べたのですけれども、大体80%くらいのサイトカインの活性が上がった、そういうことが分かったのです。結局、フルーツの感覚で食べられるいろんな利用ができる、利用範囲が広がるっていうことが一つですね。それがただ、フルーツ感覚だけでなく、機能を持ったものが生で食べられるっていうことがものすごくメリットがあるというところですね。だからそこのところがこの黒にんにくに関しては極めて大切だろうということだと思いますね。では生のにんにくと黒にんにくではどのような違いがあるのでしょうか?にんにくにはアリシン、スコルジン、アホエン、有機ゲルマニウム、セレニウム、アリチアミン等といった成分が多く含まれています。その中でもアリシンは強力な抗菌作用を持っているといわれています。またアリシンが加熱されることによりできるアホエン強い抗血栓作用やコレステロールの抑制作用があるともいわれています。しかし実際には料理などに使っても多くのにんにくを摂取することは難しいことです。さらに独特の匂いや味は通常生活の中でいつでも摂取できるわけではありません。これに比べて黒にんにくは発酵熟成しているため、にんにく独特の匂いや辛味がありません。また熟成することにより、効果もパワーアップします。熟成により匂いの元となる、硫黄化合物が減少するため独特の匂いがなくなります。熟成し黒にんにくになることでSアリルシステインという成分が生成されます。抗酸化力が大きく高まり、動脈硬化の予防や改善、悪玉コレステロールの減少などの作用をもたらします。赤ワインなどに含まれ、同じく抗酸化作用があることで知られる成分のポリフェノールも黒にんにくとなることで、その含有割合が大きく増加します。そして今最も注目されているのが佐々木博士の研究から発見られたNK活性の効果です。これらの作用が凝縮されているのが、青森県産黒にんにくなのです。では実際に黒にんにくを食べている方々はどのように感じているのでしょうか?お話を伺いました。『サプリメントといいますか、そういうものと比べてこれは何も添加物が入っていない本当に自然なものというので安心してますので、体のほうもよけい受け入れやすいのだと思います。黒にんにくはですね、朝起きて出がけに食べるそして夜寝る前に食べるそれも一個二個ではなくてひと房を食べてみたりとか、私はすごい料を食べていました。私は細胞がすごい元気になっていくような気がします。』『よくなりましたね。なんか、こうすっきりしたというか特に、疲れた時とかにですね、次の日の目覚めがいいとか、そういう意味で少し変わったなという感じはします。食べやすいですね。これおいしいですよ食べてこれにんにくっていう感じはしないですね。だから簡単に食べられるというかちょっとフルーツっぽいですよね』ご覧いただいたように黒にんにくは多くの方に認められた製品なのです。とっても食べやすい効果の高い黒にんにくですが、毎日そのまま食べるとなるとやはり飽きてしまいます。そこでバリエーションを豊富にすることで、十分な量の黒にんにくを毎日おいしく食べることができます。その様々なレシピをご紹介しましょう。『黒にんにく醤油』作りかたはとっても簡単です。材料をミキサーにかけトロトロになったらガラス瓶にいれて保存しておきましょう。煮物和え物野菜炒めドレッシングなどの隠し味に使ってください。『アスパラときのこのパスタ』黒にんにく醤油を応用したパスタもおいしいですよ。まずはたっぷりなお湯に適量な塩を入れスパゲティーを茹でます。その茹で汁で切ったアスパラも茹でます。次にフライパンにオリーブオイルと唐辛子を入れて火をつけキノコを炒めますそのフライパンに茹でたパスタを入れ、黒にんにく醤油を加えてよく混ぜ合わせ器に盛り大葉を散らします。黒にんにく醤油のいい香りがするヘルシーなパスタが完成です。ご覧いただいてきたように、黒にんにくは生のにんにくの持つ効果をさらにパワーアップし食べやすくなった製品なのです。そしてにんにく大国青森だからこそ品質の高い黒にんにくができるのです。生活様式の多様化にともない、生活習慣病などが問題となっている現代健康で豊かな生活を送るためにもぜひ青森県産黒にんにくをご愛用ください。