黒にんにくの動脈硬化や高血圧予防効果

黒にんにくの動脈硬化や高血圧予防効果

血液は人間の細胞すべてに酸素や栄養を送り届け、老廃物や二酸化炭素を回収するという大切な

 

役目をしています。それだけに血液は全身をスムーズに流れていることが大事です。

 

そのためには、サラサラとした血液がいいのですが、逆にドロドロになるほど流れが悪くなり、様々な

 

支障をきたすことになります。末端組織の酸素不足や栄養失調となり免疫力の低下にもつながり、

 

高血圧や動脈硬化、がんの発生などにもつながっていきます。

 

発酵黒にんにくには、@コレステロール低下作用ALDLの酸化防止作用B血圧低下作用

 

C血小板凝集抑制作用が認められています。

 

血栓の除去を促す作用や血行を良くする作用、血管を拡張し血液の流動性高める作用によって

 

血液循環をよくし、血液をさらさらにすることで、動脈硬化高血圧がんを予防してくれるのです。

 

さらに、代謝を亢進して体熱生産を高め、冷えも改善してくれます。