黒にんにくの実肌効果

黒にんにくで肌がきれいに?!

bihadakouka

 

韓国では韓流スターに限らず、肌のきれいな人が多いです。韓国で消費されるにんにくの量は

 

日本のおよそ20倍とも言われています。そこで注目したいのが、にんにくのもつアリシン、

 

ビタミンB6の抗酸化作用です。アリシンはビタミンB1と結合し、アリチアミンという物質に

 

変化します。

 

アリチアミンはビタミンB1の吸収を助け、エネルギー代謝を促進させます。

 

これにより、疲労回復が期待できるのです。このにんにくの抗酸化作用が、黒にんにくでは

 

更に強力になります。

 

よく美容の為に行うマッサージは、毛細血管の血流をよくします。ということは、血液の流れが

 

末端までスムーズであることが美肌の条件といえます。美しい肌は細胞のひとつひとつが健康で、

 

栄養・水・酸素を送り続けることが必要です。体が冷えて血液の循環が悪いと、どんなに肌の

 

上から高価な化粧品を使っても効果は期待できません。弾力ある美しい肌にするためには、

 

結構を良くし肌細胞の新陳代謝を高めることが大切です。黒にんにくは血管を広げ、

 

血流の流動性を高める働きにより血液循環を良くします。代謝を高めることで、体の中から

 

発熱を高めて、冷えを改善します。また黒にんにくには、シミやシワの原因でもある活性酸素を

 

除去する成分、ポリフェノールもたっぷり含まれているので、アンチエイジングに持ってこい

 

です。

 

ここでも黒にんにくの持つ抗酸化作用が老化を抑える働きをしますので、同時にビタミンCを

 

摂れば効果は期待できます。