「アリルシステイン」の生活習慣病予防効果

「アリルシステイン」の生活習慣病予防効果

mennekiryokuteika

黒にんにくを構成する大事な成分の1つ、

 

無臭の水溶性成分の「アリルシステイン」

 

があります。

 

「アリルシステイン」は他の成分と少し

 

違った特徴もあります。「アリルシステ

 

イン」は生のニンニクにはほとんど含ま

 

れていないのに、黒にんにくにするため

 

に発酵・熟成されていく過程でできてくるアミノ酸です。

 

黒にんにくの成分の「アリルシステイン」の効能・効果で、今1番注目を集めていて、体に有益と

 

いわれているのは、血行を良くしたり血管を強くしたり血液全般に働きかけてくれる効果や効能

 

です。最近では、生活習慣病の脳梗塞や脳内出血また糖尿病や心筋梗塞など、血液の

 

老化現象からおこってしまう病気や疾患が大きく懸念をされています。

 

 世界中の研究者が、生活習慣病の脳梗塞や脳内出血、糖尿病や心筋梗塞などの病気や

 

疾患を予防したり改善していくのには、どうしたらいいものかと日々研究を重ねています。

 

そんな時には、黒にんにくの成分の「アリルシステイン」の大きな効能・効果の、「血管増強

 

作用」や「血液の抗菌化作用」などが、日々の健康にもまた長寿にも重要な働きをつとめて

 

くれるのです。