必須アミノ酸の効果・効能

黒にんにくに含まれる必須アミノ酸の効果効能とは?

必須アミノ酸を生にんにくと比較

 

polifenoru

 

黒にんにくに含まれる「必須アミノ酸」は人間がいくつになっても元気で長生きをしていく時

 

には、体の中に十分な栄養成分を補給していくことが絶対に欠かせないのです。

 

何か1つの成分でも欠けた時には、あなたは元気で長生きをしていくことができなくなって

 

しまうのでしょう。

 

だから、栄養成分の重要性を認識していくことが肝心です。

 

そこで、話題になっているのは、黒にんにくに含まれる「必須アミノ酸」です。

 

黒にんにくに含まれる「必須アミノ酸」は、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニル

 

アラニン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンなどとなっています。

 

必須アミノ酸の主な種類

 

polifenoru

 

1.リジン

 

成長と免疫力の向上に大きな役割を果たします。具体的には、疲労回復効果、集中力を高める効果、肝機能を高める効果、単純疱疹(ヘルペス)を予防・改善する効果、脳卒中の発症を抑制する効果、髪の健康を保つ効果などがあります。

 

2.トリプトファン

 

トリプトファンは脳に運ばれると、鎮痛、催眠、精神の安定などの効果がある「セロトニン」という脳内物質をつくる原料となります。「セロトニン」は興奮や不快感を鎮めて精神を安定させたり、寝つきを良くする効果があり、不足すると睡眠障害になったり、不安感や憂うつ感があらわれます。

 

3.スレオニン

 

スレオニンは、成長促進、肝臓に脂肪が蓄積して脂肪肝になるのを防ぐ作用をします。また、スレオニンは胃酸の分泌のバランスを保ってくれるので、胃炎の予防にもなります。

 

4.ヒスチジン

 

ヒスチジンは成長に関するほか、シミやそばかす、皮膚がんの予防、ストレスの軽減や慢性関節炎の緩和、神経機能、性的エネルギーの向上などの効果もあります。
またヒスチジンが分解され変化したヒスタミンは血圧を下げ、血管の拡張を起す作用があります。

 

5.メチオニン

 

 フェニルアラニン。血液中のコレステロール値を下げたり、活性酸素を取り除いたりする作用があります。

 

6.フェニルアラニン

 

脳と神経細胞の間で信号を伝達する、神経伝達物質になる必須アミノ酸で、抑うつ症状を解消し、気分を高揚してくれます。

 

7.バリン

 

体の中に必要な栄養素は沢山あって、アミノ酸は特に重要な成分です。バリンもアミノ酸の一種で、血液の中にある窒素のバランスを保っています。バリンの効能は、たんぱく質がエネルギーに変換され、出された窒素をバランスよく血中に供給してくれて、筋肉の成長を助けています。もう一つ、バリンの効能は運動をして疲れた筋肉を癒したり、筋肉に負担が掛からないように助けてくれます。

 

 

8.ロイシン

 

ロイシンは、肝機能を高め、筋肉を強化するのに効果があります。疲れやすい人や体力を

 

つけたい人には効果的です。

 

9.イソロイシン

 

 イソロイシンは筋肉を強化したり、疲労を回復させる効果があります。

 

 

どの成分1つでも、それぞれに体には有益な働きがあるのです。

 

毎日の食生活の中で、不足なく摂取することが求められていきます。

 

けれども、黒にんにくに含まれる「必須アミノ酸」を、ほかの食べ物から十分に摂取して

 

いくことは簡単ではないでしょう。